V6エンジンがもたらす高い走行性能と躍動感のあるスタイルが魅力のFRセダン

CONCEPT
累計販売台数480万台を超すベストセラーカーの後継車
FRミディアムセダンのベストセラーカーとして、9世代36年にわたり君臨してきたマークIIの後継モデル、それがマークXだ。長い伝統とともに、ユーザーが高齢化してしまったことを払拭すべく、30〜40代のユーザーにも訴求できる内外装デザインや走りのテイストが与えられるなど、一新されている。
MECHANISM
2種類のV6エンジンに、駆動方式で異なるATの組み合わせ
プラットフォームやサスペンションなどは、12〜13代目クラウンIS/GS系と共用。エンジンはクラウンロイヤル系と同様、2.5Lと3Lをラインナップ。いずれもV型6気筒の直噴方式を採用し、燃料は無鉛プレミアム指定となる。ミッションは全グレードATで、FRが6速、4WDが5速。
EXTERIOR & INTERIOR
個性的なエクステリアとモダンな雰囲気のインテリア
前輪を思い切り前方に配置したプロポーションは、いかにもエンジン縦置きFR車のそれ。ボンネットに連なるVラインと独特の3連ヘッドランプが存在感を主張。空力性能はCd値0.28と量産車トップレベルだ。モダンな家具調のインテリアにはLEDによる照明が多用されており、クールな雰囲気を演出。
DRIVING IMPRESSION
軽快な走りを楽しみたいなら、断然2.5L車がオススメ
45タイヤ装着車でも過度に硬くはなく、道路の補修跡を踏んでも不快感はない。一方、60タイヤ装着車はステアリングの正確性が高く、操舵応答性やロールコントロールがよくシンクロしている。トルクに余裕があるのは当然、3Lエンジンだが、回転上昇の軽快感では2.5Lのほうが上。
2004年 11月/デビュー 2.5Lと3Lのエンジンにそれぞれ2グレードを用意
  • トヨタ マークX インパネ|人気中古車完全カタログ
250Gと300Gプレミアムにはブラック内装やアルミペダル、18インチアルミホイールなどを装備したSパッケージも用意
「ダイナミック&スタイリッシュFRセダン」が開発コンセプトのマークXが登場。エンジンはV6直噴で、3Lと2.5Lが用意されていた。グレードは、3Lに300Gとスマートエントリーなどを標準装備した300Gプレミアム、2.5Lに250Gと4WDの250G Fourを設定。さらに、250Gと250G Fourには装備を省略したFパッケージも用意していた。トランスミッションは、マニュアル感覚の操作が可能なシーケンシャルシフトを採用。250G Fourのみ5ATで、FR車は6ATを搭載する
2005年 10月/特別仕様車 厳選装備のパッケージモデルに上級グレードの整備をプラス
  • トヨタ マークX フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ マークX シート|人気中古車完全カタログ
左/外装では、オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプや16インチアルミホイールなどを採用する 右/運転席側には8ウェイマルチアジャスタブルパワーシートと、クッション長を電動で変えられるシステムを搭載
250G&250G FourのFパッケージをベースとしたリミテッドが登場。本革巻きステアリングなどを特別装備しながら、新車価格はベース車の18万9000円高となる264万6000円から設定された。
2006年 4月/特別仕様車 装備や質感をプラスしながら低価格を実現した買い得モデル
  • トヨタ マークX フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ マークX インパネ|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ マークX シート|人気中古車完全カタログ
左/写真のクールホワイトパールクリスタルシャインを含む、2色を特別設定 中/専用木目調パネルをあしらった本革巻きステアリングで、より上質な印象だ 右/シートとトリムには、ジャカード織りの専用ファブリックが採用された
プライムセレクションは250Gと250G Fourがベース。インパネに専用木目調パネルをあしらい質感を高めながらも、新車価格はベース車両より5万2500円低い267万7500円から販売された。
  10月/マイナーチェンジ 内外装のデザイン変更と装備のさらなる充実化
  • トヨタ マークX フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
グリルのバーを4本から3本にしたほか、バンパー開口部やヘッドランプ、リアコンビランプにも意匠変更が施された
フロント回りを中心にデザインを変更し、より精悍で存在感のある顔つきとなった。内装では、シート表皮に高密度ベロアを採用したほか、木目調パネル部の拡大、大型天井イルミネーションのカラー変更などを実施。またSパッケージは、メタル調のセンターコンソールなどの専用装備を採用し、よりスポーティな仕様となっている。このほか、サイドターンランプ付きドアミラーやプッシュオープン式フロントコンソールボックスを、全グレードに標準装備とするなどの変更も行われた。
2007年 9月/特別仕様車 ベース車の3万1500円高で専用装備を満載したモデル
  • トヨタ マークX フロントスタイル |人気中古車完全カタログ
  • トヨタ マークX 前席サイドエアバッグ|人気中古車完全カタログ
左/専用ティントグリーンエクステンションのディスチャージランプや、特別色のミディアムシルバーメタリックを採用 右/前席サイドエアバッグや前後席カーテンシールドエアバッグも特別装備となり、より安全性が高められている
250Gと250G Fourをベースに、専用のシート表皮などを装備したリミテッドが登場。ステアリングも専用木目調パネルを採用し、上質な印象となっている。新車価格は278万2500円から。
2008年 7月/特別仕様車 利便性と質感を高めたより魅力的な一台が登場
  • トヨタ マークX フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ マークX インパネ|人気中古車完全カタログ
左/オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプや、16インチアルミホイールなども特別装備として採用 右/ステアリングにオーディオスイッチを搭載。インパネ右下にはワンプッシュで始動可能なエンジンスイッチを装備
スマートエディションは、250G&250G FourのFパッケージがベース。スマートエントリー&スタートシステムやイモビライザーなどを特別装備し、新車価格265万6500円からで販売された。
文:安藤 眞、ユニットクワトロ